整理整頓が出来ない人が整理整頓を出来るようになる方法

部屋がモノで溢れかえっていて、探し物が見つからないという人も少なくないでしょう。
そのまま放置すればするほど、状況は悪化してしまいます。
では、片付けが苦手な人がキレイに整理整頓をしようと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

整理整頓出来ない4つの理由

整理整頓が得意な人と、苦手な人が存在しています。
では、整理整頓が苦手な人は、なぜ出来ないのか理由を紹介します。

現状把握が出来ていない

まず整理整頓が出来ない人は、部屋が散らかっている状態でも気になりません。
そのため部屋を片付けようという気持ちにならないのです。

ですが、普通に考えれば、部屋が散らかった状態では、生活しづらいはずです。
整理整頓をするメリットを知り、このままではヤバいと現状把握させる事が整理整頓への第一歩だと言えます。

整理整頓をする目的を持っていない

先ほども整理整頓をするメリットを把握していないに通じる部分がありますが、整理整頓をする目的を明確にする事は重要な事です。
目的は人によってさまざまです。
例えば部屋をリラックス出来る場所にする事、モノを探す時間を減らす事、同じモノを何回も購入する事を予防する事などが、挙げられます。
目的を持つ事で、整理整頓を頑張ろうというモチベーションを持つ事が出来るでしょう。

心理的な不安の現れ

部屋の乱れは心の乱れを現しています。
寂しさを埋めるために、所有欲が高まっているのかもしれません。
また自分にコンプレックスがある人もモノを所有する事で、安心感を得ています。

他にも仕事が疲れ切っていてストレスで、部屋がゴミ屋敷化している人が増え社会問題となっています。
彼らは外では、キチンと生活感のある格好をし、普通に日常生活を送っています。
しかし家では、何もする気にならずに、朝決められた時間にゴミ出しが出来ないなどの理由で、どんどんゴミが部屋に溢れてしまうのです。この場合は、整理整頓よりも先に心の問題を解決する事が求められます。

優先順位をつけられない

優先順位をつけられない人は、現状把握は出来ています。
部屋を片づけないといけないという気持ちはあるのですが、忙しいから、後でやろうと思っていたといい訳をつけて、行動に起こりません。
このタイプの人は、作業効率が悪く仕事が出来なかったり、時間にルーズで人間関係でもトラブルを起こしやすいと言えます。
本来であれば部屋を片付ける事は、日常生活に支障をきたすレベルなら、優先順にの上にくるはずです。
ですが優先順位がつけられないので、放置状態が続きます。

整理整頓できない人が出来るようになる方法

整理整頓が出来ない人の原因について紹介しましたが、次は整理整頓を出来ない人が出来るようになるには、どうしたらいいのか紹介します。

整理整頓をするメリットを把握し目的を明確にする

ただ漠然と部屋が散らかっているから片づけないといけないと思っているだけでは、重たい腰はあがりません。
そのため整理整頓をする事で得られるメリットを知り、部屋を片付ける目的を明確にする事が重要だと言えます。

例えば探し物をする時間が毎日5分あるとします。
たった5分と思うかもしれませんが、1ヶ月だと5分×30日=150分で2時間30分も探し物に時間を費やしていると言えます。

全く生産性のない行為なので、時間の無駄だと言えます。
しかも探し物をして見つかる保証はありません。
そして見つからなければ、部屋にあると分かっていても再び同じモノを購入しなければいけません。

つまり部屋が散らかっている状態は、自分の時間とお金を無駄に使っているという事を理解しましょう。
そして探し物の時間をなくすために、整理整頓をしましょう。

1日15分だけ整理整頓の時間を確保する

整理整頓のメリットを知り、目的を明確にした事で、一念発起し整理整頓をしようという気持ちになったとしましょう。ここで陥りがちな間違いは、1日で整理整頓をしようとする事です。

散らかった部屋を1日で整理整頓しようと思っても、無理です。
途中で挫折し、整理整頓は自分には無理と諦めてしまう事になります。
だからこそ、無理せず1日15分だけ整理整頓をする時間を作り。習慣化させる事が重要です。

まずは部屋の一部分だけでもキレイになれば、達成感が得られます。
そして次の日は、別の部分を片づける、それを繰り返していけば、部屋全体がキレイになる日も遠くないはずです。

1日15分なら、集中出来ますし、忙しいといういい訳も通用しません。

所有欲をなくそう

人はモノを所有していても、幸せになる事は出来ません。
必要最低限のモノしか所有しない「ミニマリスト」は、シンプルで自由になれる生き方の1つのモデルだと言えます。

いきなりミニマリストになる事は難しくても、勿体ないから必要ないモノまで溜め込むクセは改善するべきです。確かに購入したのに、使わずに捨てる事は勿体ないと言えます。

ですがそれは、必要ないモノを購入してしまった時点で失敗しています。
その必要ないモノを所有する事は、スペースの無駄と時間の無駄になるので、これ以上被害を拡大しないためには、捨てる方が正しいという認識を持つようにして下さい。

お金を払って整理整頓をする

整理整頓をしたいと思っても自分の力だけでは、どうにもならない事が多々あります。
その場合は、専門家の力を借りるのも、対処法の1つだと言えます。
では、整理整頓が出来ない人は、どのような専門家の力を借りるといいのでしょうか?

心理カウンセラーの力を借り

部屋が片づけられない状況とは、心理的にみると決していい状態ではありません。
日々のストレスなどが原因で、軽度なうつ病で何もやる気が出ない可能性があるためです。
軽度なうつ病も放置してしまうと、重度なうつ病に症状が悪化してしまうケースもあります。

そうなってしまうと、なかなか自分から心療内科などのクリニックに訪れる事も出来なくなってしまいます。
そのため部屋が片づけられないぐらいで心理カウンセラーの力を借りるなんて大袈裟と思う人もいるかもしれません。
ですが初期段階だからこそ、治る可能性が高いのでカウンセリングを受けましょう。

ゴミ屋敷業者の力を借りよう

散らかっている部屋を放置した結果、ゴミ屋敷レベルになってしまった。
この状況を整理整頓が出来ない人が一人で克服するのは、困難だと言えます。
そのため、ゴミ屋敷業者の力を借りる事をお勧めします。

ゴミ屋敷業者は、部屋を片付けるのではなく、ゴミを片づけるサービスです。
そのためゴミが片付いてから、整理整頓をするのは自分でという事になります。
ゴミがなくなれば、そこからは、コツコツ自分で片づける事が出来る人もいるでしょう。
そしてもう二度とゴミ屋敷業者に依頼しなくてもいいように、ゴミを溜めこまないようにして下さい。

片づけコンサルタント・家事代行の力を借りよう

ただゴミがなくなっても、整理整頓が自力では出来ないという人は、整理整頓のサービスも専門家が存在しています。
片づけコンサルタントは、整理整頓の方法を指導してくれます。
この時に、収納グッズなどを一通り揃えてもらい、指導後は自力で整理整頓が出来るようにやり方をマスターしましょう。

家事代行の場合は、片づけコンサルタントと異なり、指導を行ってはくれません。
あなたに代わって整理整頓をしてくれるので、整理整頓をしてもらい、その状態をキープするようにするといいでしょう。
とにかく専門家の力を借りる事で、料金が発生しますが整理整頓された部屋に住む事が出来るようになります。