整理整頓は1日15分片づける習慣とモノの定位置を決める事で解決する

整理整頓をしようと、気合を入れて掃除をするけれど、全然部屋が片付かずに嫌になってしまい、途中で挫折してしまう人も多いかもしれません。
では整理整頓を途中で挫折しないで、最後まで終わらせる方法について紹介します。

整理整頓は1日15分

例えば大掃除のように、部屋全体の片づけを1日で終わらせようと思ったら大変です。
全然終わらずに途中で嫌になって、挫折してしまう可能性も高いでしょう。
なので、整理整頓をする時は、短期戦ではなく長期戦で臨む事が成功する秘訣だと言えます。

その方法は1日15分だけ整理整頓をする習慣をつける事です。
今日は机の上だけを片づけると決めたら、15分以内に机の上をキレイに片づけます。
そして次の日は、机の引き出し1個分だけ15分で片づけましょう。

この方法だと、一部分でもキレイに片付くため、余計に他の部分が雑然と見えるため、片づけようとやる気が出ます。
しかも1日15分なら負担にならないので、毎日でも続ける事が出来るのです。
片づけたところは、整理整頓された状態をキープしておけば、いずれは部屋全体を片づける事が出来るでしょう。

整理整頓した状態をキープする方法

整理整頓した状態をキープする方法は、モノの定位置を決める事です。
モノの定位置を決めれば、後は出したら元の場所に戻す習慣を身に着けて下さい。
出したら出しっぱなしになるから、散らかってしまい、後からまとめて片づけするのが大変になります。

ですがその都度、元の場所に戻しておけば、手間はかからず整理整頓した状態をキープする事が出来ます。
他には友達を定期的に部屋に呼ぶなど、整理整頓をしておかないと困る状況に自分を追い込みましょう。

散らかっていて人に見られると恥ずかしい部屋だという事を意識する事が出来るので、効果的な方法だと言えます。