整理整頓が苦手な人の共通点を知り整理整頓のコツを習得する

整理整頓が得意な人と苦手な人が存在します。
発達障害やうつ病、認知症などの病気が原因で整理整頓が出来なくなるケースを除けば、コツさえ掴めば、整理整頓が苦手な人でも、出来るようになるはずです。
では整理整頓が苦手な人の特徴と整理整頓のコツについて紹介していきます。

整理整頓が苦手な人の3つの共通点

まず整理整頓が苦手な人は、雑然と収納してしまいます。
モノを片づけた後の使いやすさまで、考えずに収納してしまうので、モノの位置が把握出来ずに、モノが見つからないと探す過程で、部屋が散らかってしまうという訳です。

そして整理整頓が苦手な人は、お金の管理も苦手です。
どんなモノを所有しているのか、把握出来ていないために、消耗品のストックや似たような服など、同じモノを購入してしまうため、お金の使い方にも無駄が多いと言えます。

そして整理整頓が苦手な人は、仕事も出来ません。
なぜかというと、頭の中で物事を整理整頓する事が苦手で、段取よく仕事を進める事が出来ないためです。
その結果、提出期限までに間に合わなかったり、直前でギリギリ間に合ったとしても、急いで仕事をしたために、ミスが多いなど、仕事の質が下がってしまいます。

整理整頓の3つのコツ

整理整頓が苦手な人はモノを捨てる事が出来ません。
モノを捨てる行為は、勿体ないと考えてしまうからです。
ですが不要なモノを所有する行為の方がよほど勿体ないという事を理解する必要があります。
不要なモノを所有する事で、スペースの無駄と探し物をする時間の無駄が生じてしまうためです。

なのでモノを捨てるために、モノを3つに分類するといいでしょう。
必要なモノと不要なモノ、そして保留するモノに分類します。
この保留するモノがポイントで、迷ったらとりあえず保留分として、段ボールに仮置きしておきます。
そして1年以内に1度も使用しなければ、捨てるという具合に、ルールを決めるとモノを捨てやすくなります。

整理整頓が苦手な人は、収納グッズを上手に活用して下さい。
どうしても、収納スペースに区切りがないと、すぐにグチャグチャになってしまいます。
収納グッズを活用し、モノの定位置を決めてあげる事で、整理整頓が出来るようになります。