整理整頓は定位置を決めるため収納グッズを活用するのがお勧め

整理整頓が苦手で、すぐに部屋が散らかってしまうという人もいるでしょう。
片づけるのが面倒だからと放置すると、状況は悪化し、どこから手をつけていいのか分からなくなってしまいます。

そんな人にお勧めしたいのは、収納グッズを活用する事です。
ではどのような収納グッズがお勧めなのか紹介していきます。

整理整頓が得意になる収納グッズ

モジュールボックスでグループ分け

例えばキッチンスペースの収納でお勧めなのが、モジュールボックスです。
モジュールボックスには、様々なサイズがあり、ボックスを積み重ねて収納する事が出来ます。

スプーンとフォークは、同じカテゴリーに分類し、グループ分けを行う事で、定位置が確定します。
後はグループごとに最適なモジュールボックスを使用すれば、キレイに収納する事が可能です。
しかもグループ分けした事で、紅茶のパックと砂糖とミルクという具合に、一式セットにする事で、作業効率もアップします。

四角い空間に四角い箱

引き出しなどの四角い空間に、ごちゃごちゃとモノを入れてしまい、何が入っているのは把握出来ない。
そんな状況の人も少なくないでしょう。
引き出しには、仕切りがないと開け閉めする衝動で、中身が動いてしまうので、キレイに並べてもすぐにごちゃついてしまいます。

ですが四角い空間に四角い箱を組み合わせる事で、隙間をなくし、整理整頓が簡単になります。
机の引き出しの場合であれば、ペンを入れる箱、付箋を入れる箱、朱肉とハンコを入れる箱と文房具を用途別に分類して収納しましょう。
四角い空間に四角い箱を活用すると、見た目もキレイで実用的に収納する事が出来るようになります。

マグネットポケットで収納スペースを確保

収納スペースがない空間でも、マグネットポケットを活用する事で、あっという間に収納スペースが出現します。
マグネットポケットもサイズが豊富なので、中に入れるモノのサイズを考慮した上で選ぶようにしましょう。